TEL 046-824-3706

〒238-0007
横須賀市若松町2-5矢島ビル7F

横須賀中央駅徒歩1分

横須賀・しのはら眼科では、眼科一般・眼科手術の診療を行っています。

多焦点眼内レンズについて

HOME»  多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズ

眼内レンズには単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズがあります。

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズは、現在、白内障手術で主に使われているレンズです。
単焦点と言われるように、焦点が1つです。

近くに合わせると近くのものはくっきり見えますが、遠くのものはぼやけます。
遠くを見る場合は、遠くを見る用のメガネが必要になります。

反対に遠くに合わせると、遠くはくっきり見えますが、近くはぼやけます。その場合は近くを見る用のメガネが必要になります。

メガネをかけることに不便を感じない人には、見え方が鮮明で、夜間の見え方も良好な、単焦点眼内レンズが適しています。

手術費用は、健康保険が適用されます。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、レンズの形状を工夫して、遠くと近く、両方に焦点が合うようになっています。

メガネを使わずに日常生活したい方に適したレンズです。手術後約9割の方がメガネなしで生活されています。

ただし、遠くと近くに光を振り分けているので、単焦点眼内レンズで見るよりもシャープさが少し落ちます。
非常に細かい文字や図表を見た際に、色が薄くてくっきりしないと感じる場合があります。

また、夜間にヘッドライトや信号などの光を見ると、まぶしく感じたり(グレアー)、光に輪がかかって見えたり(ハロー)することが有り、夜間に運転する方は注意が必要です。

一般に、多焦点眼内レンズの見え方慣れるまでに、少し時間がかかると言われています。
どうしても合わなくて、単焦点眼内レンズに入れ替えることもあります。

手術費用は、健康保険の適用にならないため全額自費診療となります。

当院では、手術から術後3ヶ月までの手術、検査及び診察費用を含めて20万円で行っています。現在の所、当院では先進医療の適用はありません。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの比較表

  単焦点眼内レンズ 多焦点眼内レンズ
長所

適宜、メガネを用いることでとても鮮明に見える

メガネなしでほぼ遠方と近方が見える

仮にメガネが必要になったとしても1本で済む

短所

裸眼では遠方か近方かいずれかが見えにくくなる

メガネが最低1つ、場合により2つ必要になる

やや見え方が不鮮明に感じることがある

夜間のライトがにじんで見えることがある

適した人

メガネをかけても構わないので、より鮮明な視力を求める方

見え方の質はやや劣っても構わないので、なるべくメガネに頼りたくない方

仕事や趣味、スポーツで、遠くも近くもメガネなしで見たい方

手術前にメガネを用いた経験のない方

費用

健康保険適用

手術費用  保険割合
 1割の方 15,000円
 2割の方 18,000円
 3割の方 45,000円

70才以上の方は「高額療養費制度」が適用され、1ヶ月の診療費用を合算したものが、保険割合1割と2割の方は、18,000円が上限となります

全額自費診療

片眼20万円(手術から術後3ヶ月までの手術、検査及び診察費)

現在の所、当院では先進医療の適用はありません

注意点  

どうしても合わない場合は、単焦点眼内レンズに入れ替える再手術を行うこともある。


TOP