TEL 046-824-3706

〒238-0007
横須賀市若松町2-5矢島ビル7F

横須賀中央駅徒歩1分

横須賀・しのはら眼科では、眼科一般・眼科手術の診療を行っています。

白内障の手術を受ける前に知っておきたい眼内レンズの種類と度数の選び方

視能訓練士による検査について
弱視は早期発見、早期治療が大切
HOME»  白内障の手術を受ける前に知っておきたい眼内レンズの種類と度数の選び方

横須賀中央駅近くのしのはら眼科では、白内障の手術を行っています。白内障の手術で使用する眼内レンズには様々な種類があり、度数も人それぞれ異なるため、適切なレンズを選ぶことが大切です。

主な眼内レンズの種類と度数の選び方についてご説明しますので、眼科で白内障の手術を受ける予定の方はご一読ください。

白内障の手術で使用する眼内レンズの種類

白内障の手術で使用する眼内レンズの種類

目のかすみや視力低下といった症状を引き起こす白内障。そんな白内障を治療する方法として、水晶体を眼内レンズに交換する手術を行います。眼内レンズにはいくつか種類があるので、それぞれの特徴について解説いたします。

素材の違い

眼内レンズの素材は、主にPMMA(polymethy lmethacrylate)、アクリル、シリコンなどが使用されています。PMMAはハードコンタクトにも使用されている硬い素材なので、レンズの大きさに合わせて目を切開する必要があります。

現在では、柔らかいアクリルやシリコンの眼内レンズが主流で、レンズを折りたたんで挿入することができるため、切開する範囲が小さく済みます。しのはら眼科では現在、アクリルの眼内レンズのみを使用しています。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズ

眼内レンズは、素材だけでなく焦点が合う範囲にも違いがあります。白内障の手術を行う際、ほとんどの眼科で「単焦点眼内レンズ」が使用されています。

このレンズは、単焦点という名称の通り、遠くと近くのどちらか一方にのみ焦点が合います。日常生活では遠くと近くの両方が見えるようにならないと不便なため、白内障の手術後も眼鏡の着用が必要です。

もう一つは、遠くと近くの2つの距離に焦点が合う「多焦点眼内レンズ」です。遠くの景色も近くの景色も焦点が合うようになるため、術後は眼鏡なしで生活している方が多いです。しかし、非常に細かい作業や夜間に車の運転をする人には適さないこともあります。また、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は保険適用外のため、高額な手術費用が必要です。

さらに、緑内障や網膜の病気を持っている方は多焦点眼内レンズを選択することができません。多焦点眼内レンズをご希望の方は、自身の目の症状や費用などを確認し、かかりつけの眼科医としっかりと相談することをおすすめします。しのはら眼科でも多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は行っています。

眼内レンズの度数を決めるポイント

眼内レンズの度数を決めるポイント

眼内レンズの度数は、術前検査の結果や患者さんの要望などあらゆる要素を含めて考え、最終的に医師が適切な度数を提案し、決定します。基本的な考え方を簡単にまとめると、下記の通りになります。

もともとの見え方が遠視・近視のどれに当てはまるか?

基本的には、もともとの見え方に合わせてレンズの度数を決定します。したがって、もともと遠視の方は遠くに焦点が合うレンズを使用し、近視の方は近くに焦点が合うレンズを使用することがほとんどです。

仕事や趣味では遠くと近くどちらを見る機会が多いか?

デスクワークをしている方や頻繁に読書をする方、裁縫など手元で細かい作業をすることが多い方は、近くに焦点が合うレンズが良いでしょう。通勤などで日常的に運転する方や趣味でゴルフやサッカーなどのスポーツをしている方は、遠くに焦点が合うレンズを推奨します。いずれにしてもライフスタイルに合わせてレンズを選ぶことが大事ですが、詳しくは主治医と相談してください。

手術をするのは片目か?両目か?

上記で紹介したポイントは、主に両目の白内障手術をする場合の考え方です。片目のみ手術をする場合は、手術をしないほうの目に合わせて度数を選択します。

 

横須賀中央駅から徒歩1分の場所にあるしのはら眼科は、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い世代の方に対応する眼科です。横須賀中央駅近くで眼科をお探しでしたら、お気軽にご相談ください。

白内障の治療・手術では、症状の進行具合を診断してから、眼科医が手術プランをご提案いたします。日帰り手術も可能ですので、ライフスタイルに合わせて手術を受けるかどうかご検討ください。

目のトラブルは横須賀中央駅の近くにある眼科に相談

医院名 しのはら眼科
住所 〒238-0007 神奈川県横須賀市若松町2-5 矢島ビル7F
TEL 046-824-3706
URL https://www.shinohara-ganka.com/
TOP