TEL 046-824-3706

〒238-0007
横須賀市若松町2-5矢島ビル7F

横須賀中央駅徒歩1分

横須賀・しのはら眼科では、眼科一般・眼科手術の診療を行っています。

白内障

HOME»  白内障

白内障手術

白内障とは

カメラにたとえるとレンズの部分に当たる水晶体が、主に加齢などの原因で、濁ってくることにより起こるもので、ものがかすんで見えたり、明るい所では、まぶしく見えたりします。早い方で40歳代ぐらいから発症し、80歳代ではほとんどの方に白内障による視力低下が見られます。加齢以外の原因では、全身疾患(アトピー性皮膚炎、糖尿病など)の合併する白内障、先天性白内障(風疹)、外傷性白内障などがあります。

白内障の治療と手術

白内障の進行を抑えるのに点眼薬を用いますが、あくまで水晶体の濁るスピードを遅らせるもので、症状を改善し、視力を回復させることは出来ません。
根本的に治療するには、濁った水晶体を取り出し、人工の眼内レンズに交換する手術を行います。重篤な合併症がなければ日帰り手術で行えます。
麻酔は点眼麻酔で行います。痛みはほとんどありません。手術は超音波を利用して濁りを吸収したあと、眼内レンズを挿入します。手術時間は特に問題なければ15分程度です。安全性の高い手術です。

しのはら眼科でも多くの実績(開院から平成29年3月までで5750眼)があります。

白内障手術のタイミング

日常生活に不自由を感じたら手術を考えて下さい。例えば、

  • 視力が低下して仕事に支障が出る。
  • 視力を矯正しても0.7未満になって、運転免許更新が出来ない。
  • 趣味の読書が出来ない。
  • 外ではまぶしくて極端に見えづらい

などです。
当院を継続的に受診されている患者さんには、医師が症状の進行具合を診て、適切な時期に白内障の手術を提案いたします。ご自分のライフスタイルに合わせて、手術を受けるかどうか決めてください。

日帰り白内障手術の流れ

1.診察

視力、眼圧、屈折などの基礎検査を行い、診察して白内障の症状を調べます。手術を必要とする状態であれば、院長が患者さんに充分な説明を行い、ご希望をお聞きしたうえで、手術を行なうか決めます。
2.術前検査
< 血液検査 >
血液検査により内科的な異常が無いか調べます。糖尿病などの別の病気が見つかった場合は、かかりつけ医もしくはご紹介する専門医の診察を受けて頂き、白内障手術をしても問題が無いことを確認させて頂きます。
< 眼軸長測定>

水晶体の代わりに挿入する眼内レンズの度数を決めるために行います。測定は信頼性の高いレーザー光干渉型眼軸長測定装置(IOLマスター)を用います。
< 角膜内皮細胞検査 >

角膜内皮細胞は、角膜の透明度を保つという、とても重要な役割を果たしています。この検査は、角膜内皮細胞の数、大きさ、形を調べ、手術の適応を決めるのに必要です。この検査は術後にも行ないます。
3.手術の諸注意の説明

看護師より、術前、当日、術後の準備、過ごし方等の注意すべき点について詳しい説明が行われます。
4.手術

手術は、患者さんの眼の状態だけでなく、全身状態も含めて充分把握しておりますので安心してお任せください。
麻酔は点眼で行い、超音波で濁った水晶体を砕いて取り除き、代わりに眼内レンズを挿入します。手術時間は約15分です。
手術後は、10分間ほどソファーで休息して頂いてから帰宅していただきます。
5.術後の過ごし方
術後1週間の過ごし方は大事です。細かい注意は色々ありますが、傷口に触れないで、無理のない生活を送って下さい。
6.術後の定期検診
手術翌日、4~5日後、2週間後、1ヵ月後、2ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後の定期検診を行ないます。

白内障手術の費用

手術費用は眼内レンズも含めて健康保険の対象になります。

保険証の負担割合が

1割の方 約15,000円
2割の方 約30,000円
3割の方 約45,000円

です。

また、自己負担額と関連して、「高額療養費制度」というものがあります。
これは、70歳以上の患者さんの場合、窓口での1ヶ月の支払は

保険証の負担割合が、1割、2割の方 14,000円
3割の方 57,600円
住民税非課税の方 8,000円

までとなります。

この支払限度額は、下記の時期に変更になります。

平成30年8月~
保険証の負担割合が、1割、2割の方 18,000円
3割の方 80,100円以上
所得に応じて額が変わる
住民税非課税の方 8,000円

高額療養制度は、69才以下の方の場合、家族合算の場合などもあり、詳しくは厚労省のホームページ(高額療養費制度)を参照するか、またはお住まいの市役所、町村役場窓口へお問い合わせ下さい。

白内障Q&A

白内障といわれていますが、いつのタイミングで手術をすれば良いでしょうか。
日常生活に不便を感じたときが手術のタイミングです。当院を継続的に受診されている患者さんには、医師が症状の進行具合を診て、適切な時期に白内障の手術を提案いたします。ご自分のライフスタイルに合わせて、手術を受けるかどうか決めてください。
白内障で見づらくなっていますが、緑内障もあります。白内障の手術は出来るのでしょうか。
緑内障を患っていても白内障の手術は行えます。緑内障の種類によっては、緑内障の治療として白内障の手術を行う場合もあります。
ただし、個々の症状によって事情は異なりますので、医師にご相談ください。
白内障の手術の費用は高いのでしょうか。
当院で受ける白内障手術はすべて健康保険が適用されます。1割負担の方で、約15,000円、2割負担の方で約30,000円、3割負担の方で 約45,000円です。
更に、70才以上の方の場合、高額療養費制度が自動的に適用されます。手術月は、窓口での支払を合算して、1割及び2割負担の方が14,000円、3割負担の方が57,600円、低所得者の方は8,000円を越えると、それ以上の支払はありません。
この支払上限額は、
 

平成30年8月から

1割及び2割負担の方が18,000円、3割負担の方が80,100円以上所得に応じた額、低所得者の方は8,000円

に変更になります。詳しくは厚労省のホームページの高額療養費をご参照下さい。

白内障手術をして数年経つのですが、また手術した目がかすんできました。
後発白内障の症状です。白内障の手術をするとき、水晶体そのものはすべて取り出すのですが、水晶体を包んでいる膜である「嚢」の後ろ部分は残しておきます。
この後囊が濁ってくることにより、かすんで見えたりまぶしく見えたりします。治療はYAGレーザーを使って後囊を破ることにより、簡単に視力は回復します。手術時間は、5分程度です。

TOP