TEL 046-824-3706

〒238-0007
横須賀市若松町2-5矢島ビル7F

横須賀中央駅徒歩1分

横須賀・しのはら眼科では、眼科一般・眼科手術の診療を行っています。

翼状片

HOME»  翼状片

翼状片とは

白目の表面は結膜という透明な薄い膜で覆われていますが、この結膜が黒目(角膜)に向かって伸びてくる病気を「翼状片」といいます。
黒目に向かって三角形に伸びてくることで翼のような状態になっています。
目頭あたりから伸びてくることがほとんどですが、ごくまれに耳側から伸びてくることもあります。

翼状片の原因

翼状片が発症する原因はわかっていませんが、発症した人たちの中で漁師や農業で働く方、スポーツ選手などが多くいらっしゃるので紫外線が一番の要因と考えられています。
その他には個人の体質の差で発症します。

翼状片の症状

充血や異物感、目の乾き、翼状片が黒目(角膜)まで伸びると、乱視が強くなり視界が悪くなります。

翼状片の検査

翼状片の診断は細隙灯顕微鏡で、拡大して診ることで判断します。肉眼で見ても、明らかに大きいものは分かりますが、中には類似疾患もありますので、翼状片と決め付けて放置せず、ご相談ください。

翼状片の治療

翼状片自体は悪性の組織ではなく、症状がなければ放置しても問題はないのですが、充血や異物感が強くなってくれば点眼などの治療を行います。根本治療には手術が必要です。また、翼状片が瞳の近くまで伸びてくると乱視が発生して見えにくくなるため、この場合も手術が必要となります。ただし、手術を行っても再発することが多く、この傾向は年が若いほど顕著です。

TOP