TEL 046-824-3706

〒238-0007
横須賀市若松町2-5矢島ビル7F

横須賀中央駅徒歩1分

横須賀・しのはら眼科では、眼科一般・眼科手術の診療を行っています。

斜視

HOME»  斜視

斜視

赤ちゃんの眼球構造は、大人と比較して少し小さいですが、構造そのものはほぼ完成している状態です。視力の発育スピードも速く、幼児期には完成していますが、何らかの理由で視力が育たなかった場合、眼の発育に悪影響を及ぼす恐れがあります。子どもの眼の病気には様々ありますが、その中でも多く見られるのが「斜視」です。

斜視とは

何かを見る時、左右の眼は見ようとする方向に向くため、両眼の視線が一致した状態です。しかし、両眼の視線が合わず、片眼のみ違う方向を見ている時があり、これを「斜視」といいます。斜視になると、左右の眼の視線が異なるため、物を見る時の位置感覚がずれてくる可能性が高いです。
眼の位置感覚がずれた場合、両眼で物を正しく見ることができなくなるため、片眼の視力の発達が遅れたり、立体感をつかむ機能が弱くなる恐れがあります。
また、斜視の種類には内斜視・外斜視・上斜視・下斜視と4種類あり、眼の位置によって分類されています。

斜視の原因

斜視の原因は様々ですが、脳の機能に問題がある場合と眼球を動かす筋肉に問題がある可能性が高いです。特に、眼を動かす筋肉や神経に異常があると、物を正しく見ることができないため、眼の位置がずれて斜視になる方もいらっしゃいます。
その他にも、強い遠視の影響や視力不良が原因で斜視になることもあります。

斜視の治療に関して

治療方法は斜視の種類・年齢・全身の状態によって異なりますが、大きく分類すると「手術による方法」と「手術以外の方法」の2種類あります。手術に関しては、眼球についている筋肉の位置を手術で調整し、バランスを整えることで左右の眼の位置をまっすぐに矯正します。
一方、手術以外の方法では、コンタクトレンズや眼鏡を装用して改善する方法や、光を曲げる作用のあるプリズムレンズを用いた眼鏡を装用して行う「プリズム処方」などがあります。症状には個人差があり、治療方法も異なりますので、心当たりのある方はお早めに眼科医院へ相談しましょう。

TOP