TEL 046-824-3706

〒238-0007
横須賀市若松町2-5矢島ビル7F

横須賀中央駅徒歩1分

横須賀・しのはら眼科では、眼科一般・眼科手術の診療を行っています。

弱視

HOME»  弱視

小児と眼 弱視は早期発見、早期治療が大切です。

しのはら眼科 篠原淳子

視力の発達期間は生後すぐからだいたい6歳ぐらいと言われています。その間に、先天的な病気、目の病気、けが、屈折異常などで物をくっきり見ることが妨げられると視力の発達は遅れてしまいます。これを弱視と言います。この中で最も多いのは「屈折異常」です。
屈折異常とは遠視、近視、乱視のことを言います。通常は遠視でも近視でも乱視でもなければ(これを正視と言います)裸眼で1.0以上の視力が得られます。
屈折異常の中でも、遠視、乱視の強い子供さんは弱視になる危険性がかなり高いのです。遠視、乱視の子供さんは、集中力がなかったり、本を読みたがらなかったりすることがあります。
遠視、乱視が見つかったら、早期に適切な眼鏡をかけることで視力は発達することができ、弱視にならずにすみます。視力の発達のために重要なのは6歳頃までと言われ、それを過ぎると治療に対する反応が低下します。早期に屈折異常を発見し、眼鏡をかけることが必要です。

そして、片目弱視と言って片目1.0、もう一方の目が0.1のように片目だけが視力が低い場合も、日常生活は普通にできるので発見が遅れることがあります。視力検査は必ず片目ずつ行ってください。
現在、横須賀市では3歳半健診、就学時健診に加え、幼稚園(保育園)での視力検査が行われることになりました。視力異常が疑われたら早く眼科医を受診してください。

横須賀市医師会会報(すこやか通信 第16号 平成28年 秋)に掲載されました。

TOP